TOP >> 旬の野菜と果物 >>ユリネ

ユリネ
カリフラワー
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ユリネ
英語では「lily bulb」と表記するように、食用のユリ科の植物の球根。球根といっても、葉の部分が変形し、鱗片が重なり合って球形になったもの。原産地は中国で、日本では江戸中期より野菜として栽培。

栄養

食物繊維を豊富に含み、便秘解消に効果的。タンパク質、ビタミンB群、カリウムをも多く含む。中国では漢方としても使用され、精神不安や不眠を和らげる効果も。

旬・選び方

10月から2月が旬。収穫後に2〜3ヶ月経過しているものの方が糖度が上がり美味。全体的に白く、硬くしまっているもの、おがくずに包まれているものの方が新鮮。

保存のしかた

鱗片を傷つけないようにキッチンペーパーやおがくずで保護し、冷蔵庫の野菜室か冷暗所へ。冷凍する場合は鱗片を1枚ずつはがして塩茹でしてから。

調理法

鱗片を外側からはがして、塩茹で、もしくは蒸す。お祝いの席で使用する場合は、花びらの形に切れ込みを入れ、梅酢などに漬けてほのかな桃色にするのもおススメ。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント