TOP >> 旬の野菜と果物 >>シュンギク

シュンギク
シュンギク
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
シュンギク
春に菊のような黄色の花を咲かせることから名前がついた葉野菜。特有の香りとほろ苦さが特徴で、鍋物には欠かせない存在。もともとはヨーロッパなどで観賞用として楽しまれていました。
江戸時代に朝鮮半島から渡ってきてからは、日本では食用として栽培が本格的に始まりました。品種には株ごと引き抜いて収穫する関西型と、若い茎葉を切り取って利用する関東型があります。

栄養

カロテン、ビタミンB群、ビタミンCなどを豊富に含んでいるので、美肌に効果的。含まれる鉄分で貧血予防、カルシウムで骨粗鬆症予防に。

旬・選び方

11月から3月にかけての寒い時期が美味しい時期。色が濃くて、ハリとツヤがあり、葉先までピンとしているもの、茎が硬すぎないものが良品。

保存のしかた

傷みやすいので、乾燥をさけるために、濡れた新聞紙やキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて野菜室にて保存。立てて保存すると劣化が遅い。

調理法

できるだけ特有の香りを残すため、茹でるときは、茹で時間に注意。長すぎると香りと栄養素まで損ねてしまうので、短時間で調理するのがよい。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント