TOP >> 旬の野菜と果物 >>ネギ

ネギ
ネギ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ネギ
東日本では白い部分の多い「白ネギ」、西日本では緑の葉の部分が多い「葉ネギ」が主流です。白ネギは盛り土をして日に当たらないようにし、白い部分が多いほど良品。栄養価が高いのは緑の部分で、カロテンが豊富です。
昔は風邪をひいたらネギでのどに湿布をすると言われたほど殺菌作用を期待され、冬の必需品でした。

栄養

特有のにおいのもとは「硫化アリル」といわれ、消化促進や抗菌作用を期待できる。また緑の部分はカロテンを含み、皮膚の粘膜を正常に保つ効果を期待。

旬・選び方

12月から2月にかけての寒い時期がとくに美味しい。全体的にハリとツヤがあるもの、緑色が濃いもの、さわると弾力があるものが質のよいもの。

保存のしかた

新聞紙に包んで冷暗所で立てて保存。泥付きのものならば、泥を付けたまま保存して。食べきれないときは、小さく刻んで水気を切って冷凍保存も。

調理法

白ネギはグリルで焼くと、まわりは焦げても中がトロトロになるので、おつまみの一皿に。葉ネギは小麦粉、卵、水と合わせてカリカリに焼いても美味。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント