TOP >> 旬の野菜と果物 >>ミカン

ミカン
ミカン
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ミカン
冬を感じる日本の代表的な果物、ミカンといえば温州ミカンのこと。 アメリカなどで主流の「オレンジ」とは異なり、手軽に手で皮がむけ、テレビを見ながら簡単に食べられることから、アメリカでは「テレビオレンジ」などとで親しまれています。
表面のベタつきは果皮の表面を守り、鮮度を保とうとしてミカンが作り出す「ろう物質」で白い粉は「果粉」です。

栄養

ビタミンCを豊富に含む。酸味のもととなるのは疲労回復には欠かせない栄養素であるクエン酸。食物繊維も豊富なので便秘解消にも。

旬・選び方

12月から2月にかけてが美味しい時期。表面の色が濃く、皮と実の間がスカスカとしていないもの、ヘタが小さいものが甘いことが多い。

保存のしかた

風通しのよい冷暗所で。ダンボールに入っている場合は、下にあるもは、重さに耐えられずに痛むので、一度出してから並べ替えを。

調理法

これからのパーティーシーズン、絞ってシャンパンと合わせてミモザカクテルに。寒い日には赤ワインと合わせてホットにてみるのも。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント