TOP >> 旬の野菜と果物 >>カリフラワー

カリフラワー
カリフラワー
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
カリフラワー
キャベツの仲間のアブラナ科の野菜で、花のつぼみの部分を食用とするもの。日本では、白色のものがよく出回るが、オレンジ色や紫色のもの、また、先がトゲトゲしている「サンゴショウ」とよばれる黄緑色のものもある。

栄養

ビタミンCを豊富に含み、さらに糖の代謝を促すビタミンB1や、皮膚の粘膜を保護する効果のビタミンB2をも含むので、美肌にも効果的。

旬・選び方

11月から3月がおいしい時期。丸くて白い花が密集していついているもの、変色せずに綺麗な白色のもの、ずっしりと重いものが水分量が多くて良品。

保存のしかた

温度が低いところを好むので、ラップで包んで冷蔵庫へ。冷凍する場合は、小分けに切ってから茹でて、水気をしっかりとふきとって冷凍庫へ。

調理法

アクが強いので、できるだけ火を加えてから食べるように。白く茹でるためには少量の酢を湯に加えるとよい。ミキサーにかけて温かいスープにしても美味。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント