TOP >> 旬の野菜と果物 >>スモモ

旬の野菜と果物 夏 スモモ
ズッキーニ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
スモモ
和名は「酢桃」で、桃よりも酸味を感じる果実。通常、スモモと呼んでいるのは中国原産で、日本へは弥生時代に渡来。当初は鑑賞用として親しまれ和歌にも詠われている。プルーンとして流通しているのは西洋スモモで原産地はヨーロッパ。

栄養

食物繊維を豊富に含み、整腸作用で便秘解消を期待できる。特有の酸味はクエン酸で、疲労回復作用も。ミネラルも豊富で高血圧予防にも効果的。

旬・選び方

日本スモモは6月から8月中旬、プルーンなどの西洋スモモは9月が旬。紅色が鮮やかで傷がなく、ハリと弾力があるものが良品。

保存のしかた

もぎたての場合は酸味が強いため、常温で3~7日追熟させる。柔らかく、香りが立ってきたら、食べ頃。熟したものは冷蔵庫で冷やして早めに楽しんで。

調理法

栄養価を考えると生のまま食すのが効果的。熱湯に5秒から10秒くぐらせ、湯むきをし、砂糖、レモン、水で煮詰めて冷やし、コンポートとして楽しむのも美味。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント