TOP >> 旬の野菜と果物 >>サヤインゲン

サヤインゲン
サヤインゲン
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
サヤインゲン
インゲンの名前の由来ともなっている、隠元禅師が1654年に日本に持ってきたと言われています。原産地のメキシコや中央アメリカの先住民には重要な食物でした。最近は、モロッコインゲンなどの平らで太く、長いタイプも人気が出ています。

栄養

カロテンを含む緑黄色野菜のひとつ。元気の素となるアスパラギン酸やタンパク質を合成してくれるアミノ酸の一種のリジンを含む。

旬・選び方

7月から9月が旬。緑色が濃くて、細めでみずみずしく、莢の中のマメの形がゴツゴツと出ていないものや、ハリがあるものが良品。

保存のしかた

低温と蒸れに弱いので、買ってきたらすぐに調理するか、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室に保存して4日程度で使いきるのが理想。

調理法

和洋中華のどの料理にも合う食材。色を綺麗に出すためには、まな板の上に塩をふり、軽く力を加えて転がす板ずりをしてみても。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント