TOP >> 旬の野菜と果物 >>ラッキョウ

ラッキョウ
ラッキョウ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ラッキョウ
9~10世紀に中国から渡ってきたと言われる野菜。江戸時代までは薬用として使用されていた。甘酢の漬物として食用することが多いが、近年は若採りしたものを生で食用とすることもある。(日本ではエシャレットという名で出回る)。

栄養

水溶性食物繊維を豊富に含むので便秘解消に効果的。特有の香りはアリシンという成分で抗酸化作用を期待できる。健胃、利尿、殺菌効果も。

旬・選び方

漬物としては通年出回るが本来の旬は初夏。丸みを帯びていて、外皮に傷のないもの、粒が大きめでそろっているもの、切り口が伸びていないものが良品。

保存のしかた

生のものは、土がついていればそのまま新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存。漬けてあるものは、冷蔵庫で1年以上もつ。漬け汁と一緒であれば冷凍も可。

調理法

特有の辛味があるので、基本的には生では食用せずに漬物にすることが多い。数日、下漬し乳酸発酵させてから、甘酢漬けや醤油漬け、ピクルスなどにする。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント