TOP >> 旬の野菜と果物 >>パイナップル

トマト
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
パイナップル

松かさに似ていて、リンゴのような味がすることから命名。南アメリカ大陸原産で、熱帯地方に広く分布している果物です。コロンブスが大陸発見後にヨーロッパに持ち帰り、日本へは江戸時代末期にオランダから伝来するも、現在はフィリピン産が中心。カットされて売られるようになってから、売り上げが飛躍的に伸びたと言われています。


栄養

含まれるビタミンB1やクエン酸は疲労回復に効果的。タンパク質を分解する酵素を含むので肉・魚料理と一緒に食べると消化吸収を助けるといわれる。

旬・選び方

通年出回っている。全体的に丸みがあり、下ぶくれになっているもの、ずっしりと重いもの、香りのよいもの、葉の緑色の濃いものが良品といわれる。

保存のしかた

新聞紙などに包み、冷蔵庫の野菜室に保存。完熟してから収穫しているので、追熟させなくても甘いことが多い。痛みやすいので早めに食べきるように。

調理法

小さめにカットして冷凍庫で凍らせ、カクテルやジュースなどの氷のかわりとして使うのも美味。そのままシャーベットのようにして食べるもの美味。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント