TOP >> 旬の野菜と果物 >>ニンニク

ニンニク
ニンニク
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ニンニク
イタリア料理、中華料理には欠かせない食材のひとつ。古代エジプトでは、ピラミッドを作る際の体力作りに欠かせなかったといわれるほどスタミナ源としても重宝。
日本へは平安時代に薬草として伝わってきたといわれている。

栄養

特有の香りの元はアリシンという成分で、ビタミンB1と結合すると疲労回復効果を高め、また、殺菌作用により風邪ウィルスに対しても効力を高める効果も。

旬・選び方

通年出回るが本来の旬は春から初夏にかけて。薄皮の色が白く、粒がぷっくりと大きくてよく締まっているものが良品。芽が出ておらず重みのあるものが良い。

保存のしかた

風通しのよいところにネットなどに入れてつるしておくと長期間美味しく食べられる。冷蔵庫に入れて保存する場合はチルドルームにいれると良い。

調理法

ニンニク2片、バター200g、パセリ2枝、塩小さじ2杯をフードプロセッサーにかけて、ラップで棒状にして冷蔵庫で固めれば万能なエスカルゴバターに。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント