TOP >> 旬の野菜と果物 >>ゴーヤ

旬の野菜と果物 夏
ゴーヤ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ゴーヤ
独特の苦味がクセになるゴーヤは、もとは沖縄で親しまれたウリ科の野菜。健康ブームにのって日本中広まり、多くの地域で栽培も始まりました。特に、夏は「緑のカーテン」としてもおなじみ。
緑色のものが主流ですが、白色の「白ゴーヤ」も出回っています。正式和名は「ツルレイシ」。

栄養

たっぷり含まれるビタミンCは、熱や水などに壊れにくい特性を持っています。苦さのもととなる成分はククルビタンと呼ばれるもので、抗酸化作用が期待できます。

旬・選び方

7月から9月の夏の暑い時期が旬。イボにツヤとハリがあり、濃い緑色をしているものを選びましょう。同じ大きさのものなら、持ったときに重いものが良品です。

保存のしかた

包丁を入れる前なら、ラップをして乾燥を防いで冷蔵庫の野菜室へ。カットしたものは、種のワタの部分を取り除き、ラップをして野菜室へ。

調理法

特有の苦味が苦手な方は、薄切りにした後に塩もみをして、10分程度おいてから、水で塩分を流して使うといいでしょう。また、細かく切ることでも苦味成分をある程度飛ばすことができますよ。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント