TOP >> 旬の野菜と果物 >>ブルーベリー

ブルーベリー
ブルーベリー
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ブルーベリー
目に良い!ということで、健康食品として話題になっているブルーベリー。果実が濃い青紫色に熟すことから、ブルーベリーという名前が付きました。
昭和26年以降、アメリカから日本に来ましたが、栽培が本格的になったのは、最近のことです。

栄養

青紫色の色素であるアントシアニンは、目の網膜に働きかけ、眼精疲労を回復させる効果を期待できます。食物繊維もたっぷりで、便秘解消にも効果的です。

旬・選び方

旬は6月から9月にかけて。輸入ものは通年出回ります。実が大きく、青紫色が濃く鮮やかなもの、白い粉(ブルーム)が均一についているものが良品です。

保存のしかた

痛みやすいので生のものは早めに食べたり、冷凍にしたりするとよいです。砂糖で煮詰めてジャムにしたり、お酒につけておいたりすると長持ちします。

調理法

鍋にブルーベリー、砂糖、酒を入れて火にかけ、最後にバルサミコを入れて煮詰めソースに。塩コショウをふって両面をカリっと焼いた鶏肉にかけるのも美味。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント