TOP >> 旬の野菜と果物 >>ウド

ウド
ウド
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ウド
春の代名詞ともいえるウド。若いうちに収穫して食用とするが、そのまま生長させると2mの高さに。「独活(ウド)」という和名は、その細長い茎が、風が吹かなくてもゆらゆらと、独りで動くことからつけられたといわれている。

栄養

カリウムが90%以上で利尿効果を期待。また特有の苦味のもとは、クロロゲン酸というポリフェノール化合物を含み、抗酸化作用をも期待できる。

旬・選び方

3月から4月が旬。うぶ毛が全体に蜜についていて、トゲトゲが痛いくらいのものが鮮度よい。また、茎は白くてしっかりと太くてまっすぐなものを。

保存のしかた

光に当ててしまうと硬くなってしまうので、新聞紙に包んで冷暗所へ。もしも冷凍するときは、切って茹で水分をふきとって、小分けにしてから保存。

調理法

アクがあるので、生で食べるときは、皮をできるだけ厚くむいてすぐに酢水にさらしておく。茹でて食べるときは、塩と酢を入れてお湯に入れて茹でるとよい。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント