TOP >> 旬の野菜と果物 >> サントウナ

ダイコン
サントウナ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
サントウナ
中国の山東省を原産とする白菜の一種。日本では、漬物用として栽培されることが多いが、近年は若採りしたものが「なっぱ」や「べかな」という名前で流通している。流通量は少ないので「幻の白菜」と言われることもある。

栄養

緑の部分にカロテンが豊富に含まれているので、白菜よりも栄養価は高い。妊婦が摂取するのが好ましい栄養素の葉酸も多く含まれている。

旬・選び方

本来の旬は春。漬物用として栽培されるものは、12月の漬ける時期に合わせて栽培されている。葉の緑色が先まで濃くて、ハリがあるものが新鮮。

保存のしかた

乾燥に弱いので、湿らせた新聞紙に包み、ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で立てて保存。冷凍するときは、茹でて水気を切って細かくしてから。

調理法

沸騰したお湯に入れて、さっと茹で、冷水にあげる。味にクセがないので、様々な料理に使える。葉の薄いものは、サラダとしても美味。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント