TOP >> 旬の野菜と果物 >>フキ

ダイコン
ダイコン
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
フキ
日本全国の山野に自生している日本特産の山菜。平安時代から栽培され、湿布やセキ止めなどの薬用として使用されることが多かった。冬に黄色い花を咲かせるから冬黄(フユキ)が変形して「フキ」になったという説がある。

栄養

ビタミンCやカリウムを含むので、美肌効果や利尿作用を期待できる。独特のほろ苦さや香りはファイトケミカルによるもので抗酸化作用を期待できる。

旬・選び方

本来の旬は4月から6月にかけて。栽培のものは通年出回る。葉が伸びきっているもの、茎が太すぎずに1.5㎝から2㎝程度のものが良品といわれる。

保存のしかた

鮮度が大切な野菜なので、できるだけ早く食べるのがよい。保存するときは、乾燥を防ぐためにビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に入れるとよい。

調理法

板ずりをしてから茹でて皮をむき3㎝程度に切る。耐熱容器に酢、水、砂糖、塩、胡椒、ニンニク、鷹の爪と一緒に入れて電子レンジで5分。冷ましてピクルスに。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント