TOP >> 旬の野菜と果物 >>アスパラガス

アスパラガス
アスパラガス
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
アスパラガス
春を告げる野菜として、ヨーロッパでは紀元前から栽培されています。大きく分けて緑、白、紫があり、日本で主流として出回るのは緑。江戸時代に日本に入り、はじめは観賞用でしたが、食用とされてからは、高級品として親しまれていました。

栄養

カロテン、ビタミンB群、ビタミンCなどビタミンを豊富に含む。アスパラギン酸という疲労回復につながるといわれる栄養素も穂の部分に含む。

旬・選び方

緑色のものは日本では通年出回るが、本来の旬は春から初夏にかけて。中でも国産(北海道が多い)の白色のものは4~5月にかけての季節限定もの。

保存のしかた

「乾燥を防いで、立てて保存」が基本。本来、土の上にスクっと立って成長するもののため、寝かして保存するとストレスがかかり劣化が早くなる。

調理法

歯ごたえを楽しむのであれば、調理時間を短くすることがポイント。下の固い部分は少し皮をむいて、上の柔らかい部分は筋だけとればOK。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント