TOP >> 旬の野菜と果物 >>サトイモ

旬の野菜と果物 夏
サトイモ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
サトイモ
名前の由来は、山で採れるヤマイモに対し、里で採れるからサトイモと言われています。稲作が日本に入る前に中国から伝わったと言われ、戦前までサトイモを主食とする地域があったほど、日本の食生活を支えてくれた野菜。
最近は調理に手間がかかるため敬遠されがちですが、「八頭」など正月などの祝いの席には欠かせない食材。

栄養

主成分はデンプンであり、またビタミンB群や食物繊維をも豊富に含みます。イモ類の中ではカリウムを多く含むので、利尿作用をも期待できます。

旬・選び方

秋から冬にかけてが本来の旬です。丸いもので、傷がついていないもの、湿り気があり、濃い茶色のもので、緑や赤の斑点のないものが良品といわれます。

保存のしかた

泥を洗ってしまうと痛みやすくなってしまうので、泥つきのものはそのまま冷暗所で保存しましょう。洗ったものはできるだけ早く調理をするようにしましょう。

調理法

煮物にすることが多いですが、茹でてつぶして平らにしてフライパンで煎餅のように焼いてみたり、コロッケの中身として利用してみても美味しいです。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント