TOP >> 旬の野菜と果物 >>ナメコ

エノキダケ
エノキダケ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ナメコ
ぬめりのある様子から「ぬめらっこ」、そしてそれを由来として「滑子(ナメコ)」と名付けられたと言われている。傘の直径が1㎝ほどの小粒のものから8㎝ほどの大粒のものまで栽培され、通年、安価で出回っている。

栄養

特有のぬめりはムチンという水溶性食物繊維。またこのぬめりは粘膜の保護する役割をも期待。またカリウムも豊富なので代謝促進にも効果的。

旬・選び方

天然のものの旬は10月から11月。菌床栽培されたものは通年出回る。全体的にツヤがあり、粒の傘が肉厚のものが美味しいと言われる。

保存のしかた

あまり日持ちはしないので、買ってきたら2日以内に食べきるように。サッと茹でて水気をきって冷凍もできるが、食感を失ってしまう。

調理法

味噌汁やスープに入れるのは一般的だが、味にクセがないので、様々な料理との相性が良い。ペペロンチーノパスタの具として一緒に炒めたり、炊き込みご飯に入れても。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント