TOP >> 旬の野菜と果物 >>クリ

旬の野菜と果物 夏
サツマイモ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
クリ
秋を感じる食材の1つ。日本産のクリは大きい粒で縄文時代には重要な栄養源として、平安時代の初期には京都の丹波地域で栽培され始めました。丹波栗はブランドのクリとして有名です。
また、日本で多く出回る天津甘栗は中国から輸入されたもので、皮がスルっと簡単にむけるのが特徴です。

栄養

ビタミンCやカリウム、食物繊維、鉄、亜鉛などを豊富に含んでいます。渋皮は抗酸化作用を期待できるポリフェノールを含むので、捨てずに調理するとよいです。

旬・選び方

9月から11月にかけて出回り、秋を代表する食材ですね。殻の色が濃くて、ふっくらとしてハリとツヤがあるものが良品です。中の実が見える場合は、黄色の濃いものを選びましょう。

保存のしかた

生のままではすぐに劣化してしまうので、冷凍保存がおすすめです。茹でる、または蒸してから下処理をして冷凍庫に入れましょう。甘露煮や栗ご飯にしてから冷凍もOKです。

調理法

栗ご飯や甘露煮、栗きんとん、モンブランに使われることが多いです。茹でた栗をコンソメでさらに煮詰め、ミキサーをかけてから牛乳を入れて、スープにしても美味しいです。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント

大学イモ 栗ごはん