TOP >> 旬の野菜と果物 >>イチジク

旬の野菜と果物 秋
チンゲンサイ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
イチジクとは
漢字では「無花果」と書く。花は嚢(ふくろ)の中で咲くため、外側からは見えないので、「花が無い果物」という意味の和名がついた。原産地はアラビア半島で、6000年以上前から栽培されていたといわれる、歴史の長い果物。

栄養

食物繊維や消化酵素のフイシンをも豊富に含むので、胃腸の働きの弱っている人や、便秘気味の人にはとても効果的。中の赤色はポリフェノールの一種。

旬・選び方

8月上旬から11月上旬にかけて出回る。果皮にハリとツヤがあり、弾力があるもの。ふっくらと大きくて、えんじ色が全体に回り、傷のないものが良品。

保存のしかた

あまり長持ちはしないので、早めに食べきることが大切。保存するときは、ビニール袋に入れて野菜室へ。もしくは、ジャムなどに調理してから冷蔵庫へ。

調理法

生のものは、ケーキにのせたり、生ハムを巻いて食べたり、加工をせずに楽しむことが多い。ドライイチジクは、小さく切ってクリームチーズに混ぜるのも美味。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント