TOP >> 旬の野菜と果物 >>ゴボウ

旬の野菜と果物 夏
ゴボウ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
ゴボウ
日本が原産でもないにもかかわらず、食用として食卓に並ぶのは日本と韓国だけと言われている根菜。薬用の解毒や咳をしずめる作用の漢方として中国でも長い歴史を持っています。平安時代に薬草として中国から伝わり、栽培が始まったと言われています。

栄養

食物繊維の含有量は、野菜の中でもトップクラスです。大腸に働きかけ、便通をよくしてくれる効果が期待できます。ビタミンCや鉄、イヌリンも豊富に含みます。

旬・選び方

秋の終わりから冬の初めにかけてが最も美味しい時期です。太さが均一で、断面にスが入っていないもの、乾燥せずに適度な湿り気があるものが良品です。

保存のしかた

湿らせた新聞紙に包んで、冷暗所に立てて保存すると良いです。泥つきのものは泥をつけたまま保存しましょう。カットしたものは、断面にラップなどをして乾燥を防ぎましょう。

調理法

栄養価の高い皮のあたりを効率的に利用しましょう。季節限定で楽しめる新ゴボウは、細長く切って、ニンニクとオリーブオイルでペペロンチーノ風にしても美味しいですよ。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント