TOP >> 旬の野菜と果物 >>トウミョウ

トウミョウ
トウミョウ
野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
トウミョウ
マメ科マメ属のえんどう豆(グリーンピース)の若菜でカロテンが豊富な緑黄色野菜。野菜の価格が高騰する時期でも、水耕栽培で室内でも栽培できるので、価格が安く安定している。残った根元を水に浸しておくと、芽が出て、再び食用できる。

栄養

カロテンを多く含むので緑黄色野菜に分類される。ほかにもビタミンB群や、ビタミンC、食べ物からは摂取しにくい葉酸をも豊富に含んでいる。

旬・選び方

本来の旬は春にあたるのだが、水耕栽培のため、季節にかかわらず美味しくいただける。緑色が濃くて、葉がみずみずしく、開いているものが新鮮。

保存のしかた

冷蔵庫の野菜室に立てて保存すると2~3日もつ。残った根元は捨てずに、容器に水をはり、浸しておくと、また食用できる芽が1週間ほどでそろう。

調理法

生でも加熱しても美味しく食べられる。生のほうが苦味を感じるので、苦手な場合は、相性のよい油と一緒に炒めるとカロテンの体内への吸収率もアップする。
野菜ソムリエ篠田彩子さん


野菜ソムリエ 篠田彩子さん 
2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、 野菜ソムリエのとしての活動を行う。「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。
協力:日本野菜ソムリエ協会 
TEL.03-5489-8636 
http://www.vege-fru.com/
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会イベント