TOP >>くらしの歳時記>>楽しいお正月!

お正月料理の由来
おせち料理は、もともと神様に供えるためのお料理です。縁起の良い食材を選び、海の幸、山の幸を豊かに盛り込んだものを、床の間などに供えていました。それぞれのお料理の持つ意味を知り、ありがたくいただきましょう。
イラスト/KINA
お屠蘇
家族揃って元旦の朝に飲むお酒。一年間の邪気を払い、長寿を願って飲まれます。 年下から順に3回ずついただきます。

雑煮
正月三が日のハレの日の食べ物。年神様が宿るといわれるお餅入りの椀物。
数の子 数の子
にしんの卵巣の塩漬け。子孫繁栄を祈願して。 今は高価な食材ですが、昔はどこでも手に入るものでした。
海老の酒塩焼き
ヒゲが長く伸びて、腰が曲がるまで長生きしてほしいという願いがこめられています。
海老の酒塩焼き
レンコン レンコン
穴が多いので、将来の見通しが利くように。 煮物に一緒に入るゴボウは細く、長く根をはって生きてという意味があります。
黒豆
丈夫で健康という意味があり、マメに働けるように。
無病息災を願って。
黒豆
栗きんとん 栗きんとん
黄金色に輝く、財宝の意味。
砂糖をたくさん使うので昔は貴重なご馳走でした。
ごまめ(田作り)
片口いわしの干物が、田んぼの肥料に使われていたことから、 豊作の願いを込めて。
ごまめ(田作り)
まだある! お正月のお料理
昆布巻
「喜ぶ」の言葉にかけて。健康長寿が得られるといわれます。

伊達巻
シャレ者を表す「伊達」には、華やかという意味も。巻き物には、知識や文化の意味があり、発展の願いを込めて。

紅白蒲鉾
紅はめでたさと喜びを、白は神聖を表しています。

紅白なます
お祝いの水引をかたどったもの。おめでたい意味があります。
鏡開き 鏡開き
1/11は鏡餅を食べる「鏡開き」の日。お餅は刃物で切らず木槌などでたたいて開くと言います。「切る」や「割る」とは言わず「開く」と言うのは神様がお餅に宿り、縁を切らないようにするため。お餅は残さず全部食べるのが礼儀です。