TOP >>くらしの歳時記>>ナチュラル生活のキーワード「革製品のお手入れ」

革製品のお手入れ
革製品のお手入れ

肌寒くなってくると、さっそく革のブーツを履きたくなりますよね。革はちょっとしたお手入れをすることで、長く使えるようになります。大事なのは汚れを落とすことと、栄養を与えてダメージを回復すること。ブーツに限らず、革の靴やバッグも同じようにケアをして、大切に使いましょう。

新しいブーツや靴を買ってきたら
防水スプレーして、保護用のクリームをぬっておく

新しいうちからお手入れすることで、雨や汚れから靴を守ることができます

毎日のお手入れ

家に帰ったら、固く絞った綿の布で表面の汚れを落とす
次に風通しの良いところで、靴が吸った水分を最低でも1日以上乾かしておく

毎日のケアはこれだけ。 毎回ブラッシングやクリームを塗る必要はありません。やりすぎは革に余計なダメージを与えてしまいます。また、お気に入りのブーツや靴はつい毎日はきたくなりますが、湿気をとるために2足以上の靴を交互に履いた方が長持ちします。

汚れの気になる日のお手入れ

シューキーパーを入れて、形を整える
柔らかめのブラシで、ホコリや全体の汚れを落とす
乳化性のクリームをつけて、木綿の布でふきとる

ブラシは柔らかい馬毛と、硬めの豚毛を使いわけるとよいでしょう。乳化性クリームは革に必要な水分と油分とを与えます。無色のものを1本用意しておくと、いろいろ使えて便利です。スエードの場合は、ブラシで汚れを落としたら、専用のスプレーで栄養を補給してあげましょう。

コラム
靴のトラブル応急処置!
雨にぬれてしまった
はいたまま、乾いたタオルで上からトントンと水分を取っていきます。靴を脱いで形を整えながら、ティッシュでくるんだ新聞紙を中に詰めます。そして、風通しの良い日陰で半日ほど乾かしてください。直射日光で乾かすと、革が硬くなってしまうので注意して。

シミをつけてしまった
シミの種類にもよりますが、雨ジミは濡れているうちに湿らせた布やスポンジでぼやかすことで、目立たなくなります。油ジミは、なるべく早く乾いた布でふき取ります。それでも気になるなら、皮革専用の石鹸・サドルソープで洗います。ゴシゴシ洗わず、やさしく洗うのがコツ。汚れを落とすだけでなく、皮革に潤いを与えてくれます。

キズをつけてしまった
色つきのクリームを塗って補色します。

カビがはえた
ブラシでこすって、カビをとる。除菌スプレー(靴用のものがなければ台所用でもOK)をかける。水拭きする。水拭きは最大の除菌効果があるとのこと。陰干しする。乾いたら、レザーはクリーナーで拭いて靴クリームを。スエードは硬いブラシで毛を整えて専用スプレーを。
コラム

革のバッグやお財布のお手入れ

バッグやお財布も基本的なケアは靴と同じですが、クリームは「デリケートクリーム」を使うと、成分に蝋が入っていないのでベタベタしません。毎日の乾拭きを欠かさずに、愛情を込めて使っていれば、その分長持ちして応えてくれることでしょう。