TOP >>くらしの歳時記>>敬老の日

敬老の日
9月の第3月曜日、今年は9月17日が敬老の日。
ふだん何気なく暮らしていると、おじいちゃんやおばあちゃんに改めて感謝を伝えるのは照れくさいもの。
敬老の日に思い切って、ありがとうの気持ちをカタチにしてみましょう!

敬老の日にしたいこと
手紙を書く
遠方に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんには、敬老の日に届くように手紙を書いてみては。最近撮った写真や、お花などのプレゼントを添えるのもいいですね。もちろん、電話でお互いの声を聞くのもいいと思います。
敬老の日
敬老の日
お散歩に誘う
近くにおじいちゃん、おばあちゃんが住んでいるなら、公園や寺社などへお散歩に誘ってみては。敬老の日はふだんは話さないコト、例えばいつまでも健康でいる秘訣など、教えていただきましょう。
とっておきのお茶でおもてなし
とっておきのお菓子とお茶を用意して、一緒に過ごす時間を作りましょう。手作りのお菓子や、老舗の和菓子もいいですが、最近のおじいちゃん、おばあちゃんは若い方が多いので、話題のスイーツも喜ばれるかもしれませんね。
敬老の日
長寿の秘訣
私たちの身近で元気に毎日を送っていらっしゃる
ご高齢の方々に伺ってみました。
長寿の秘訣
皆さんそれぞれが自分なりの工夫をして、マイペースで毎日を過ごされていました。カラダと心のバランスを保つことが大切なのですね。また、自分のことは自分でするという前向きな姿勢をお持ちで、脱帽です。
年祝いの行事
一定の年齢を迎える毎に長寿を祝う儀式があり、それを年祝いといいます。
それぞれの呼び方には意味があり興味深いものです。
61歳 還暦 かんれき
生まれ変わって新たに1歳から出発すること。赤ちゃんにかえるという意味で、赤いちゃんちゃんこや頭巾を贈る習慣があります。
年祝いの行事
70歳 古希 こき
中国の詩人、杜甫の「人生七十古来稀」に由来。
年祝いの行事
77歳 喜寿 きじゅ
「喜」という字を草書体で書くと、七十七に見えることから。「喜の字の祝い」ともいわれ、扇子に「喜」の字を書いて贈る習慣があります。
年祝いの行事
80歳 傘寿 さんじゅ
「傘」の字を簡略に書くと八十に読めることに由来。
年祝いの行事
81歳 半寿 はんじゅ
「半」の字を分けると、「八十一」になることに由来。
年祝いの行事
88歳 米寿 べいじゅ
「米」の字を分けると、八十に読めることに由来。長生きのおまじないとして、鳩の飾りの付いた杖を贈る習わしがあります。
年祝いの行事
90歳 卒寿 そつじゅ
「卒」の字を略して書くと九十と読めることに由来。
年祝いの行事
99歳 百寿 はくじゅ
「百」の字から一を取ると「白」になり100-1=99という意味で付けられた。
年祝いの行事
120歳 大還暦 だいかんれき
還暦の倍にあたる。
 
表記は数え年です。昔から数え年でお祝いをしていましたが、現在では満年齢でお祝いすることが多くなってきているようです。