TOP >> イベント・新着情報 >> 美術館のイベント

耳より情報をいち早くキャッチ!
一足伸ばして楽しいこと、
嬉しいことを見つけてください。
上野の森美術館
プレゼント

生誕120年 イスラエル博物館所蔵
ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。 
コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で“ミラクル”な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
《相対性》
《相対性》 1953年
《でんぐりでんぐり》1951年
生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。実際にありそうで現実には存在し得ない世界を描いた≪相対性≫など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解いていきます。
《でんぐりでんぐり》 1951年
《メタモルフォーゼⅡ》(部分)
エッシャーが1939-40 年に生み出した大作《メタモルフォーゼII》。
文字から始まり、さまざまな形態が変容しながら、やがて最初の文字へと戻るこの表現は、エッシャー芸術の極点を示しています。
東京では約12年ぶりに開催される大規模展覧会となります。ぜひ足をお運びください。
《メタモルフォーゼⅡ》(部分) 1939-40年
All M.C. Escher works copyright © The M.C. Escher Company B.V. - Baarn-Holland. All rights reserved. www.mcescher.com
会期 2018年6月6日(水)~7月29日(日)
開館時間 10:00~17:00 毎週金曜日は20:00まで。
※入館は閉館の30分前まで 
休館日 会期中無休
観覧料 一般1600円、大学生・高校生1200円、中学生・小学生600円、小学生未満無料
会場 上野の森美術館
JR上野駅 公園口より徒歩3分、東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩5分
ホームページ http://www.escher.jp/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)全日8~22時
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
プレゼント

ターナー 風景の詩(うた)

イギリスを代表する風景画の巨匠、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775年~1851年)の展覧会が、新宿区・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて開催されています。
ターナー 風景の詩
《コールトン・ヒルから見たエディンバラ》
1819年頃 水彩、鉛筆、グワッシュ、スクレイピングアウト・網目紙 16.8×24.9cm
エディンバラ、スコットランド国立美術館群
©Trustees of the National Galleries of Scotland
穏やかな田園風景、嵐の海、聳え立つ山岳など、自然の様々な表情を優れた技法で表現したターナー。独特の光や空気感に包まれたターナーの風景画は、フランスの印象派をはじめ、多くの芸術家に影響をあたえました。
ターナー 風景の詩
《ストーンヘンジ、ウィルトシャー》
1827-1828年 水彩・紙 27.9×40.4cm ソールズベリー博物館
On loan from The Salisbury Museum, England
この展覧会ではターナーの水彩、油彩、版画作品約120点が展示されます。イギリス美術研究の第一人者クリストファー・ベーカー氏による4つの章立て「地誌的風景画」「海景‐海洋国家に生きて」「イタリア‐古代への憧れ」「山岳‐あらたな景観美をさがして」により、ターナーの魅力が存分に伝わる構成となっています。
ターナー 風景の詩
《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》
1802年展示 油彩・カンヴァス 91.5×122cm サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリー
On loan from Southampton City Art Gallery ©Bridgeman Images / DNPartcom

ターナーの研究書や美術書で紹介される、第一級作品が数多く出品されており、その多くが日本初公開の作品です。

ターナー 風景の詩
《セント・オールバンズ・ヘッド沖》
1822年頃 水彩・紙 39.8×68cm ハロゲイト、メーサー・アート・ギャラリー
©Mercer Art Gallery, Harrogate Borough Council

明治時代、日本の画家たちが憧れたターナーの水彩画が数多く出品されることも見どころの一つとなっています。

会期 2018年4月24日(火)~ 7月1日(日)
開館時間 10:00~18:00
(5月16日(水)、6月26日(火)~ 30日(土)は19:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 ※月曜日休館
観覧料 一般1300円、大学・高校生900円、65歳以上1,100円、中学生以下無料
会場 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
(新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
・JR新宿駅西口、丸ノ内線新宿駅・西新宿駅、大江戸線新宿西口駅より徒歩5分
ホームページ sjnk-museum.org
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京国立博物館・平成館
プレゼント

特別展「縄文-1万年の美の鼓動」

縄文時代が始まったとされる約1万3000年前。狩猟や漁撈、採集を行っていた縄文時代の人びとが、日々の暮らしのなかで工夫を重ねて作り出したさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力にあふれています。
本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。 縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。
国宝 火焰型(かえんがた)土器(どき)
国宝 火焰型(かえんがた)土器(どき)
新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管) 写真:小川忠博
新潟県十日町市 笹山遺跡出土 縄文時代(中期)・前3000~前2000年
国宝 土偶(どぐう) 合掌(がっしょう)土偶(どぐう)
縄文時代の遺跡は、これまでに9万件を超える数が確認されていますが、数多ある縄文時代の出土品のなかでも国宝はたったの6件。
縄文の美の極みともいえるこの6件すべてが、初めて勢ぞろいします!
※「土偶 仮面の女神」、「土偶 縄文のビーナス」は7月31日(火)〜9月2日(日)展示
国宝 土偶(どぐう) 合掌(がっしょう)土偶(どぐう)
青森・八戸市蔵(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館保管)
青森県八戸市 風張1遺跡出土 縄文時代(後期)・前2000~前1000年

さらに、教科書でもおなじみの「遮光器土偶」、温かみを感じさせる「木製編籠縄文ポシェット」、縄文時代の人々の身を飾った「土製耳飾」や「赤漆塗櫛」などの重要文化財も展示。
一万年以上も続いた縄文時代の始まりから終わりまで、北は北海道から南は沖縄までを取り上げ、かつてない規模での「縄文の美」をぜひご体感ください。
赤いチョッキの少年
重要文化財 遮光器(しゃこうき)土偶(どぐう)
東京国立博物館蔵 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土 縄文時代(晩期)・前1000~前400年

会期 2018年7月3日(火)~9月2日(日)
開館時間 9:30~17:00(毎週金曜日・土曜日は21:00まで、日曜および7月16日(月・祝)は18:00まで)※入場は閉館の30分前まで
休館日 ※月曜日(ただし7月16日(月・祝)8月13日(月)は開館)、7月17日(火)
観覧料 一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
会場 東京国立博物館平成館(上野公園)
JR上野駅公園口、鶯谷駅南口より徒歩10分
ホームページ http://jomon-kodo.jp/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
国立新美術館 企画展示室1E

「至上の印象派展 ビュールレ・コクション」展

「ビュールレ・コレクション」はドイツに生まれ、その後スイスに移住したエミール・ゲオルク・ビュールレが、戦前から戦後にかけて実業家として富を築く一方で、生涯を通じ情熱を注いで収集した美術品のコレクションです。
今回、美術館閉館に伴い、所蔵作品が一括して2020年にチューリヒ美術館に管理が移ることが決まっており、27年ぶりに日本でコレクション展が実現することになりました。日本でコレクションの全貌を見ることができる最後の貴重な機会となります。
ピエール =オーギュスト・ルノワール
《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》

1880年頃 ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) 
Photo:SIK-ISEA, Zurich(J.-P. Kuhn)
赤いチョッキの少年
本展ではドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、マティス、ピカソなど、豪華な作家たちの競演が繰り広げられ、出品作品、64点の約半数は日本初公開です。
特に印象派・ポスト印象派の作品は傑作揃いで、絵画史上、最も有名な少女像ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》とセザンヌの《赤いチョッキの少年》は印象派の中でも人気の高い両巨匠の「最高傑作」として知られています。
ポール・セザンヌ 《赤いチョッキの少年》
1888-90年 ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) 
Photo:SIK-ISEA, Zurich(J.-P. Kuhn)

また、モネの代表作の一つ、高さ2メートル×幅4メートルの大作《睡蓮の池、緑の反映》は、これまでスイス国外には一度も出たことがありませんでした。日本人がまだ見たことのないモネの「睡蓮」。門外不出といわれたモネの最高傑作をこの機会にぜひご覧ください。
クロード・モネ《睡蓮の池、緑反映》
1920-26年頃 ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) 
Photo:SIK-ISEA, Zurich(J.-P. Kuhn)

会期 2018年2月14日(水)~5月7日(月)
開館時間 10:00~18:00(毎週金曜日・土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は
午後8時まで)※入場は閉館の30分前まで
休館日 ※火曜(5月1日(火)は除く)
観覧料 一般1600円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下無料
会場 国立新美術館 企画展示室1E
・東京メトロ千代田線乃木坂駅 
・青山霊園方面改札 6出口(美術館直結)
・東京メトロ日比谷線六本木駅 4a出口から徒歩約5分
・都営地下鉄大江戸線六本木駅 7出口から徒歩約4分
ホームページ http://www.buehrle2018.jp/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)