TOP >> イベント・新着情報 >> 美術館のイベント

耳より情報をいち早くキャッチ!
一足伸ばして楽しいこと、
嬉しいことを見つけてください。
国立新美術館
プレゼント

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

ピエール・ボナール(1867-1947 年)は、19 世紀末から20 世紀前半にかけてフランスで活躍した画家です。世紀末のパリでナビ派の一員となったボナールは、浮世絵の影響のもと、躍動的かつ装飾的な作品を生み出し「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。
やがてパリを離れてノルマンディー地方や南フランスの自然に触れ、印象派の画家たちとの交流を通じて、

ピエール・ボナール展
ピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》 1912年頃 油彩、カンヴァス
78×77.5cm オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

クロード・モネ 《ヴィレの風景》

色彩の探究に没頭するようになります。キュビスムやシュルレアリスムといった新しい芸術が次々と誕生した時代にあって、身近な主題を描き続けたボナールは、目にした光景の鮮烈な印象を絵画化するための「視神経の冒険」に身を投じました。思いがけない構図や複雑に響き合う色彩―目を凝らせば凝らすほど、何気ない情景にひそむ緻密な仕掛けに驚かされます。

『博物誌』(ジュール・ルナール)
エルネスト・フラマリオン社、パリ 1904年刊19.5×12.5cm 個人蔵

本展覧会は、初来日の作品約30点を含むオルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションで構成されるボナールの大規模な回顧展です。絵画はもちろん、素描や版画、写真といったさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。

ピエール・ボナール展
《ル・グラン=ランスの庭で煙草を吸うピエール・ボナール》
1906年頃 モダン・プリント 6.5×9cm オルセー美術館 
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

会期:開催中~12月17日(月)
休館日:火曜日
開館時間:10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで。 ただし9月28日(金)、29日(土)は21:00まで
※入場は閉館の30分前まで 
入館料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
会場: 国立新美術館 企画展示室1E 港区六本木7-22-2
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://bonnard2018.exhn.jp
横浜美術館
プレゼント

モネ それからの100年

印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。モネの独創性と革新性は、次世代、そして今日の作家たちに多様な形で引き継がれてきました。
クロード・モネ 《睡蓮、水草の反映》 
クロード・モネ  《睡蓮、水草の反映》  1914-17年
油彩、キャンヴァス130.0×200.0cm  ナーマッド・コレクション(モナコ)

クロード・モネ 《ヴィレの風景》 本展では、モネの初期から晩年までの、日本初公開作品を含む絵画25点を展示。さらに、ロスコ、ウォーホル、リキテンスタインら後世代26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。
クロード・モネ  《ヴィレの風景》 1883年
油彩、キャンヴァス 60.3×78.8cm  個人蔵 ©Christie’s Images / Bridgeman Images

鈴木理策 《水鏡 14, WM-77(左)水鏡 14, WM-79(右)》
鈴木理策 《水鏡 14, WM-77(左)水鏡 14, WM-79(右)》 2014年
発色現像方式印画各120.0×155.0cm
作家蔵 ©Risaku Suzuki, Courtesy of Taka Ishi Gallery

現在、科活躍中のアーティスト鈴木理策が2014年から継続している「水鏡」は、モネが執着した水面のヴィジョンを主題とした写真シリーズ。平らな「面」の上に立ち現れる、実像と虚像とが折り重なった複雑なイメージの交錯を、「機械の眼」を介して捉えなおす試みといえます。
会期:7月14日(土)~ 9月24日(月・休)
休館日:木曜日(8月16日は開館)
開館時間:10:00~18:00。
※ただし9月14日(金)、15日(土)は20:30まで。入館は17:30まで。
入館料:一般1,600円、大学・高校生1,200円、中学生600円、小学生以下無料
会場:横浜美術館
横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://monet2018yokohama.jp/